生命保険/医療保険の無料見直し相談ならプロFP(ファイナンシャルプランナー)にお任せするのがおすすめです。生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。まずは、生命保険に何を求めて加入するかを今一度考え直さなければなりません。従来は生命保険の外交員や生保レディーが保険の加入を勧めるために各家庭を訪問していましたが、現在ではネットでの無料相談が一般的です。まずは中立的な対場の生命保険プロFP(ファイナンシャルプランナー)の保険見直し無料相談からどうぞ♪
New Entries

プルデンシャル生命保険はランキング1位

プルデンシャル生命保険は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャル傘下の保険会社で、わずかな掛金で加入できる労働者保険をアメリカで初めて販売した保険会社として知られています。日本では後発ですが、2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。

さて、何といってもこの生命保険会社の特徴は、専門家であるライフプランナーがオーダーメイドの保障を提供してくれることです。最適な生命保険を提供するには、生命保険はもちろん、税金や法律など幅広い知識を持った専門家が、保障を組み立てる必要があります。プルデンシャル生命保険は、強い味方ですね。具体的な商品やや評判はどうでしょうね。

プルデンシャル 生命保険は、2006年週刊ダイヤモンド2/18号掲載の「生命保険会社信頼度ランキング」で、ソニー生保を抑えて1位になったことがあります。 また、ドル建て保険の「終身保険」と「リタイアメント・インカム」がおすすめです。ただし、円とドルの為替変動が影響しますので、まずは、ライフプランナーに為替リスクなど、しっかりと商品説明を聞いてみることをおすすめします。

最後にプルデンシャル生命保険へのクチコミからです。「一生の保険と向き合う重要性を解りやすく説明してくれた。あまり興味がなかった保険選びで感動を覚えたのはライフプランナーがしっかりしているからだと思う 。」保険と向き合ってみること、大切ですね。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険を比較(組合保険ほか)

60歳というと、それまで健康でまったく病気を知らない人もいますが、病気の経験者も少なくない年齢です。そこで、60歳からの生命保険を比較して、加入者の条件を詳しく調べるべきです。そして、加入した場合の保険の保障開始時期はいつか、も大事な要素です。加入後2年経たなければ保障されない保険もあります。

60歳からの生命保険を比較すると、営利を目的としない組合保険、全労災があります。少ない掛け金で大きな保障という歌い文句のとおり、保障はしっかりしています。また、余った掛け金は加入者に還元されます。全労災は70歳まで入れますが、全労災の保険加入者なら終身保険にできます。

60歳からの生命保険というのは、どうやって比較選択すればよいのでしょう。これはとても難しい問題です。こういった問題に答えるために、保険選びの専門家という人たちが生まれました。保険のファイナンシャルプランナーの人たちです。つまり、保険選びのプロだと言えます。

60歳からの生命保険の比較を保険ファイナンシャルプランナーに相談すると、自分の家計や体の状態を考えに入れて、自分に最適な保険を紹介してもらえます。ただし、保険を選ぶプロですから、ファイナンシャルプランナーにはお金がかかります。けれども今の時代には求められる存在でしょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

生命保険の選び方のコツはプロFPに相談

生命保険の選び方の中で、けがと満期の積立金をメインにしている保険を選ぶ方法があります。また、家族がみんなが一度に入れる保険や、夫婦でまとめて入れる保険を選ぶことも出来ます。保険の加入の仕方にもいろいろな種類があるので、よく検討して加入したいものです。

生命保険の保障が充実していればしているほど、保険の掛け金は高くなります。終身保険でその保障を生涯継続させるなら保険の見直し時期ごとに保険金は高くなっていきます。将来の自分の状況をできるだけ予測して生命保険の選び方を考えたいものです。最初に掛け金をできるだけ抑えておくのがポイントです。

生命保険の選び方をパソコンの比較サイトに求める時には、その会社の資料も請求できます。そして、それでも決められない場合には、生命保険のファイナンシャルプランナーのサイトを探してみることも大切です。もともとは相談するのは有料ですが、一般的な保険選びのポイントはサイトから入手できます。

保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003